社長挨拶

東精ボックスは ”Safety, Comfort and Relief” をモットーに、
安心してご利用いただける宅配ボックスを通じて
より豊かな住環境を提供し、社会に貢献してまいります。

代表取締役社長
矢向 秀一

宅配ボックスは不在時の荷物受け取りの手段として
認知をされてまいりました。
最近では通信販売の増加に伴い、再配達による配達員の
負担増やエネルギーの消費拡大といった
社会的な課題に対する一つの解決策として注目されております。
また、環境的な背景やセキュリティ面を考慮して対面での
受け取りを避けるお客様も増えており、
ますます宅配ボックスの存在感が増しています。
当社は宅配ボックスの販売を通して社会に貢献するとともに、
あらゆる物の一時預かり手段として、お客様の多様化するニーズに
柔軟に対応した製品を世の中に提供してまいります。